RIMG18363 - コピー

RIMG18234
RIMG18371


RIMG18372 - コピー


松本にて開催中の個展、オープンから10日がたちました。

今回はテーマを「赤と黒」とし、野焼きの器とふだん使いの器がギャラリー空間を大きく2つに分ける
ような展示構成になっています。
一方が赤、一方が黒、というわけではありませんが「ハレとケ」を感じられるような空間を目指しました。

縄文時代の人々は「赤と黒」「男と女」「昼と夜」のように2つで1つの論理で世界を捉えていたようです。
縄文土器にも赤と黒は重要な色として多く用いられています。彼らとは全くちがう生活を送っている私達
にも赤と黒という色は特別な感覚をもたらしてくれるように思います。

ぜひ遊びにいらしてください。ワークショップ「土を磨く」、引き続き体験できます。

写真は朝の光がまぶしい、ケの間より。



個展  「と黒」

10月3日(土)~25日(日)  
10:00~18:00    休廊日 木、金、17日(土)  在廊日 10/24、25

 手仕事扱い処 ゆこもり

〒 390-0303  長野県松本市浅間温泉3-11-4
TEL 0263-46-2066     

http://galleryyukomori.cocolog-nifty.com/blog/

 
関連イベント 「土を磨く」

10:00~16:00 随時 作業時間30分程度

土器つくりの研磨の工程を体験して頂きます。

焼成前の器を滑らかな石などで表面に光沢が出るまで研磨し

土の質や手触りの変化を制作を通して感じて頂きます。

参加費:2500円(材料費、焼成費含む)